【バイナリーオプション】初心者に伝えたい勝てる通貨ペアの選び方

ベーシック

この記事は5分で読めます

こんにちは、カナタです。

早速質問ですが、あなたはどの通貨ペアでよく取引していますか?

ちゃんと明確なこだわりがある方、適当に決めている方、いろんな方がいるとは思いますが、

適当に通貨ペアを選んでいる方は、そのままでは利益を上げることは難しいでしょう。

実はそのくらい、通貨ペアは重要なものなんです。

ですがそんなこと言われても、どの通貨ペアがいいか、どこが違うか、よくわからないのが正直なところだと思います。

そこで今回は、「通貨ペアの種類」 から 「勝てる通貨ペアの選び方」 まで、通貨ペアについて “全て” を徹底解説していきます。

通貨ペアとは

通貨ペアとは

通貨ペアとは、実際の取引で売買する2つ国の通貨のことを指します。

例えば、「米ドル/円(USD/JPY)」は、米ドルと日本円が通貨ペア、「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」ならユーロと米ドルが通貨ペアといった感じです。

「米ドル/円(USD/JPY)」や「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」のように通貨ペアは、「/」で区切って表されますが、

実はこれは、区切り線を堺にして、

左側を 「基軸通貨(きじくつうか)」 と呼び、購入する通貨を意味しています。
右側を 「決済通貨(けっさいつうか)」 と呼び、売買する通貨を意味しています。

つまり、米ドル/円を買うといった場合は、日本円を売って米ドルを購入する、とこんなイメージになっています。

通貨ペア解説画像

バイナリーオプションで使われる通貨

実はバイナリーオプションの取引業者それぞれで、使われる通貨が多少変わってきます。

そこで今回は、バイナリーオプションでもっとも人気が高い 「ハイローオーストラリア」 で使われる通貨の紹介をしていきます。

ハイローオーストラリアでは、バイナリーオプション業界の中でもトップクラスを誇る ”17種類” もの通貨ペアで取引することができます。

初心者の方からすれば少し多い気もしますが、下記にてオススメの通貨ペアをご紹介しますので、軽く目を通すくらいで十分です。

またハイローオーストラリアには、数種類の取引方法があり、取引方法によって使用できる通貨ペアが変わってきます。

では、ハイローオーストラリアの取引方法べつに使われる通貨ペアを見ていきましょう。

HighLow/HighLowスプレッド
  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • USD/CAD(米ドル/カナダドル)
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
  • NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
  • CAD/JPY(カナダドル/日本円)
  • CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
  • 計:17ペア

Turbo/Turboスプレッド
  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • 計:7ペア

また2018年より、HighLowとHighLowスプレッドでは、株価指数や、商品指数、仮想通貨を使った取引も追加されました。

株価指数
  • AUS200
  • CHN50
  • FRA40
  • GER30
  • HKG33
  • JPN225
  • NAS100
  • SPX500
  • UK100
  • US30

計:10種

仮想通貨

  • BITCOIN
  • ETHEREUM
  • LITECOIN
  • RIPPLE
  • 計:4種

商品指数

  • GOLD(金)
  • UKOIL
  • USOIL

計:3種

大変長くなりましたが、これでハイローオーストラリアで取引できる通貨や株価指数の全てですが、多すぎて何がなんだか分からないと思います。

ですが、それで大丈夫です。

もちろん全て覚える必要はなく、この中から勝ちやすい通貨ペアは絞れます。

それでは、以下にて ”勝てる通貨ペア” を見ていきましょう。

初心者に伝えたい ”勝てる通貨” とは

初心者に伝えたい ”勝てる通貨” とは

さて本題に入りますが、為替市場には世界三大市場と呼ばれる取引量が著しく多い通貨があります。

その三大市場がどこの通貨かと言うと、、、

世界三大市場
  • 東京市場(JPY)
  • ニューヨーク市場(USD)
  • ロンドン市場(EUR)

上記の三つで、第三市場と言うわけです。

では、取引量が多い相場で取引することの、どこに利点があるか、みなさんはわかりますか?

答えは、取引量が多い相場は、相場が活発的に動くため、相場分析がしやすく相場の動きが読みやすいんです。

相場の動きが読みやすい = 取引に勝ちやすい

と言う理由から、三大市場で取引すると ”勝てやすい” と言う理屈なわけです。

【全て分かる】バイナリーオプションの相場の見方や分析方法

”勝ちにくい通貨” とは

上記にて、勝てやすい通貨ペアを紹介しましたが、

その逆に、相場が読みにくく ”勝ちにくい” 通貨も存在しており、以下の通貨がそれに該当しているものです。

”勝ちにくい通貨”
  • カナダ・ドル(CAD)
  • スイス・フラン(CHF)
  • ニュージーランド・ドル(NZD)

上記の通貨は全て、取引量が少なく、相場がイレギュラーな動きをすることが多く、相場が読みにくいことから、あまりお勧めできない通貨になっています。

明確な勝機が無い場合は、上記の三大市場にて取引することをオススメします。

時間帯によって変わる通貨の取引量

実は時間帯によって、通貨の取引量は大きく変わってしまいます。

なぜ時間帯が関係あるのか、それには市場のオープン時間が関係してきます。

時間帯による通貨の動き
  1. 市場がオープン直後だと市場の取引量がとても多い(直近一時間程)
  2. オープンから時間が流れるにつれて落ち着いていく
  3. 市場がオープンしていないと市場の取引量が少ない

市場の時間帯により、大きく分け上記の三つの動きをします。

上記で記述した通り、通貨の取引量が多いほど取引には勝ちやすいですが、市場オープン直後の通貨の取引量はイレギュラーに多いため取引は控えたほうがいいでしょう。

ではどの時間帯が取引しやすいか、

取引量が少し落ち着き、イレギュラーな動きをしなくなった、オープンから一時間程たった通貨がいいでしょう。

以下が、上記で紹介した三大市場のオープン時間です。

三大市場のオープン時間
  • 東京市場(JPY)
    9:00~17:00
  • ニューヨーク市場(USD)
    夏(3月第2日曜日~11月第1日曜日):22時から6時
    冬:23時~7時
  • ロンドン市場(EUR)
    夏(3月最終日曜日~10月最終日曜日):17時~1時
    冬:18時~2時

まとめ

ハイロー登録画面

今回は、バイナリーオプションの ”勝てる” 通貨の選び方の紹介をさせていただきました。

取引業者でハイローオーストラリアを使っていない方は、この機会に通貨の種類が多いハイローオーストラリアで口座開設してみてはどうでしょうか。

また当サイトでは、他にもバイナリーオプションの有益な情報を惜しみなく公開していますので、是非役立てて行ってください。

では、カナタでした。