【ハイローオーストラリア】4つの取引方法のオススメと特徴【完全攻略】

ハイローオーストラリア
ギャル男A
取引方法がたくさんあってどれがどれかわからない
ギャル男B
今使っている取引方法以外もしてみたいけどよくわからない!

こんにちは、カナタです。

今回は、このような疑問のために、ハイローオーストラリアの4つある取引方法の、

それぞれの特徴と、オススメを紹介していきます。

本記事の内容

  • それぞれの取引方法の特徴
  • 取引方法の中のオススメ

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは

まず話を進める前に、バイナリーオプションがどんな取引かわからない方のために、解説します。

バイナリーオプション取引は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、

その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定します。

「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定されます。

よって、「最大損失額」を限定して取引できる。

簡単に言うと、自分で掛け金を決め、取引する時点のチャートのボーダーから上がるか下がるか、

予想するだけの2択の為替取引で、予想が的中すれば、掛け金×ペイアウト率の金額がもらえ、

予想が外れれば、単純に掛け金が没収されるシンプルな取引です。

また、下のリンク先でより詳しくバイナリーオプションについて書いてます。

ハイローオーストラリアの取引の種類

取引の種類

まず始めに、ハイローオーストラリアには取引方法が4つあります。

  1. 「HighLow」
  2. 「HighLowスプレッド」
  3. 「Turbo」
  4. 「Turboスプレッド」

ハイローオーストラリアで、何回か取引をしていたら目にしたことはありますよね。

よくわからないまま使っている人もいると思いますけど、実はそれぞれ全然違う取引方法なんです。

ここを理解しているのと、していないのとでは勝率に深く関わってくる内容になりますので、

ぜひこの記事を見て覚えていってください。

HighLow(ハイロー)

HighLow画面

まず始めに、もっとも人気でオーソドックスな「HighLow」から解説していきます。

  1. 取引方法「HighLow(ハイロー)」
  2. 取引時間「15分・1時間・1日」
  3. エントリー開始時間「指定あり」
  4. ペイアウト率「1.85倍〜1.95倍」
  5. スプレッド「なし(購入した時点のレート)」

「HighLow」は、判定時刻のレートが購入した時点のレートと比べて、上がるか下がるかを予想する取引方法です。

HighLow取引は非常にシンプルで、バイナリーオプションの基本的な取引方法です。

ほかのバイナリーオプション業者も、この取引方法を基準に構成されていることが多いです。

HighLowのメリット

  • HighかLowを予想するだけなので、勝率が最低で50%と高い。
  • 勝率が最低で50%あるので初心者でも挑戦しやすい。
HighLowのデメリット

  • ペイアウト率が一番低い
  • 取引時間が長め

Highlowスプレッド

次は「HighLow」に、スプレッドをかけて取引を行う「Highlowスプレッド」です。

HighLowスプレット

  1. 取引方法「HighLowスプレッド」
  2. 取引時間「15分・1時間・1日」
  3. エントリー開始時間「指定あり」
  4. ペイアウト率「2.00倍」
  5. スプレッド「±0.20〜±2.20のスプレッドあり」

「HighLowスプレッド」は基本的に、先ほどの「HighLow」と全く同じですが、

1つだけ追加された要素があります。それは「±0.20〜±2.20のスプレッド」が付いてくるということ。

HighLowスプレッドでは、購入した時点のレートから、±0.20〜±2.20のレート幅が付いてしまうんです。

つまり、Highと予想する場合、購入時点のレートから+0.20〜+2.20上がっていなければ、

予想が当たったことにはならないのです。Lowも同じく、スプレッドが付きます。

その代わり、予想が当たった際のペイアウト率は、2.00倍と高倍率です。

HighLowスプレッドのメリット

  • ペイアウト率が高め
HighLowスプレッドのデメリット

  • HighLowと比べると難易度が高い
  • 取引時間が長め

Turbo(ターボ)

次に、3つ目のTurbo(ターボ)です。

この取引は、上記で紹介した「Highlow」、「Highlowスプレッド」の最短の取引時間15分を、上回る短期取引を行うことができます。

Turbo

  1. 取引方法「Turbo(ターボ)」
  2. 取引時間「30秒・1分・3分・5分」
  3. エントリー開始時間「指定なし」
  4. ペイアウト率「1.85 倍〜1.95倍」
  5. スプレッド「なし(購入した時点のレートが基準)」

「Turbo」は、最短30秒で1回の取引が行える、取引方法になります。

また「HighLow」「HighLowスプレッド」と違い、取引開始時間の指定はありません。

エントリーから指定した判定時間が判定時刻となります。

短期取引は、時間が短すぎることが仇となり、レートが予想外の動きをすることが多くあるので、

難易度が高めの取引になっています。

ですがその分、予想が当たった際のペイアウト率は、30秒取引で最大2倍と高くなっています。

Turboのメリット

  • 短時間で取引を行える
  • ペイアウト率が1.95倍と高め
Turboのデメリット

  • 時間が短すぎるため予想しづらい

Turboスプレッド

Turboスプレッド

最後の取引方法が、「Turboスプレッド」です。

  1. 取引方法「Turboスプレッド」
  2. 取引時間「30秒・1分・3分・5分」
  3. エントリー開始時間「指定なし」
  4. ペイアウト率「2.00~2.30倍」
  5. スプレッド「±0.10〜±0.30のスプレッドあり」

Turboスプレッドを簡単に説明すると、上記で説明した「Turbo」の短期取引の特徴も持ちながら、

HighLowスプレッドの「スプレッド」の要素も併せ持つ取引方法です。

この取引が、ハイローオーストラリアの取引の中で一番難しい取引となっていますが、

ペイアウト率が最大「2.3倍」とハイローオーストラリア最高のペイアウト率になっています。

Turboスプレッドのメリット

  • 短時間で取引を行える
  • ペイアウト率が最大の2.3倍
Turboスプレッドのデメリット

  • 短時間のうえスプレッドまでつくので予想が一番難しい

オススメの取引方法

オススメ取引方法

上記で、4つの取引方法を紹介しましたが、その中でもっともオススメの取引方法を紹介していきます。

それは、やはり「HighLow」です。

一番予想しやすい取引方法なので必然的にペイアウトは少なくなりますが、

最低と最高では「1.8~2.2」とたった0.4倍しかわからないため、

確実に、HighLowで勝つほうが長期的に見れば利益につながります。

最後に

ハイローオーストラリア トップページ

今回は、ハイローオーストラリアの4つある取引方法を紹介しました。

この記事を見て疑問が解けたなら幸いです。

また、本記事では他にも初心者向けに役に立つ記事を書いていますので、

のぞいてみてはいかがでしょうか?