ローソク足を使ってハイローオーストラリアを徹底攻略【バイナリーオプション】

スキルアップ

この記事は5分で読めます

こんにちは、カナタです。

バイナリーオプションについて調べていると、「ローソク足」という単語がよく出てきますよね。

この記事に辿り着いたということは、ローソク足がどういうものなのか知りたい方、

または、ローソク足の使い方を知りたい方、このどちらかでしょう。

このローソク足を使った相場分析は、実はバイナリーオプションで取引するなら必須の分析方法となっています。

あなたがもし、ローソク足を使った分析を行っていないなら、

この機会に、この記事を見てローソク足の使い方をマスターしていってください。

ローソク足とは

まずはじめに、ローソク足について解説していきます。

ローソク足には、大きく分けると2つの種類があり、片方が陽線、もう片方が陰線と呼ばれ、それぞれ下記の意味を持っています。

陽線・・・値上がりを示すローソク足

陰線・・・値下がりを示すローソク足

ローソク足の解説画像

またローソク足には、「実体」 「ヒゲ」 2つの特徴があり、下記の意味を持っています。

実体・・・下記の画像のように、ローソク足の四角で太い部分を「実体」と呼び、始値と終値の値段の差を表している

ヒゲ・・・ヒゲには、 「上ヒゲ」 「下ヒゲ」 の2種類あり、高値と実体との値段の差を上ヒゲ、安値と実体との値段の差を下ヒゲと呼ぶ

陽線と陰線からは、 「始値」 「終値」 「高値」 「安値」 の4つの情報を読み取ることができ、それぞれの意味は下記の通りです。

始値とは

ローソク足の最初についた値段

終値とは

ローソク足の最後についた値段

高値とは

ローソク足の始値から終値までで、一番高い値段

安値とは

ローソク足の始値から終値までで、一番安い値段

これら3つの情報を読み取り、ローソク足を使って相場分析を行っていきます。

POINT
  • ローソク足には、大きく分け 「陽線」 「陰線」 の2種類がある
  • ローソク足には、 「実体」 「ヒゲ」 の2つの特徴がある
  • 陰線と陽線からは、 「始値」 「終値」 「高値」 「安値」 の4つの情報を読み取ることができる

ローソク足を使ってチャート分析を行う方法

ローソク足を使ってチャート分析を行う方法

ローソク足の基本的な情報は、上記の内容で全てですが、

ではあの情報から、どうやってチャート分析を行うのか、

それには、まずチャートの本質を知らなければなりません。

チャートの本質を知る

みなさんが、いつも目にして取引をしているチャート、

あのチャートはどのようにして構成されているかご存知ですか?

ローソク足にチャートの構成が何の関係があるの?と疑問の方も多いかと思いますが、

ここをちゃんと理解していないと、バイナリーオプションで利益を出すことも、ローソク足を完璧に理解することもできません。

チャートの構成とは

バイナリーオプション・FXといった為替取引で使われる為替相場(チャート)は、買い勢力と売り勢力によって構成されており、

買い勢力が強ければ上がり、売り勢力が強ければ下がる、チャートはそうやって動いています。

買い勢力と売り勢力画像

つまりはローソク足とは、この買い勢力と売り勢力の争いの結果を、チャートにて分かりやすく表示するための記号となっています。

では、そのローソク足を詳しく分析すると何がわかるのか。

そうです、買い勢力や売り勢力の動向が読み取れるようになり、このタイミングで上がる(または下がる)などと予想がつけやすくなります。

ローソク足の種類

ローソク足には、たくさんの種類があり、一つ一つ役割や意味もちゃんと持っています。

以下で紹介する代表的な4つのローソク足を理解していれば、実態やヒゲの大きさに違いがあったとしても対応できるため、まずは以下の4つのローソク足の種類をしっかり理解してください。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

大陽線/大陰線

大陽線大陰線の画像

名前の通り、通常の陽線や陰線より実体が大きいローソク足のことを指します。

トレンドの変わり目、つまり強い買いや売りが起こる前兆です。

また上記画像のように、上ヒゲがついているものだけでなく、下ヒゲがついているものや、ヒゲがないものも、大陽線(大陰線)になります。

バイナリー豆知識

ヒゲがないローソク足のことを、丸坊主と呼びます

小陽線/小陰線

小陽線小陰線の画像

こちらも名前の通り、通常の陽線や陰線より実体が小さいローソク足のことを指します。

買いや売りどちらも少なく、同じくらいの勢力ということを表しています。

相場が上昇傾向にあるときに小陰線、相場が下降傾向にあるときに小陽線が出ると、トレンドの変わり目が起こりやすいです。

上ヒゲ陽線/上ヒゲ陰線

上ヒゲ陽線/上ヒゲ陰線の画像

上記で解説した通り、ヒゲとは値段と実体との価格の差を表しています。

つまりは上ヒゲが長い場合、買い勢力が伸びたが、売りの勢力が押し返し、買い勢力が落ち着いた状態を表しています。

上昇傾向にある相場なら高値圏で上ヒゲ陽線、下降傾向にある相場なら安値圏で上ヒゲ陰線が出ると、トレンドの変わり目が起こりやすいです。

下ヒゲ陽線/下ヒゲ陰線

下ヒゲ陽線/下ヒゲ陰線の画像

こちらは上ヒゲ陽線や上ヒゲ陰線と真逆で、下ヒゲが長い場合、売り勢力が伸びたが、買いの勢力が押し返し、売り勢力が落ち着いた状態を表しています。

上昇傾向にある相場なら高値圏で下ヒゲ陰線、下降傾向にある相場なら安値圏で下ヒゲ陽線が出ると、トレンドの変わり目が起こりやすいです。

ローソク足を使い相場分析をする方法

ローソク足を使い相場分析する方法

ここまでで、ローソク足の種類と役割、ローソク足の重要性は理解してもらえたと思います。

では早速、ローソク足を使った相場分析の方法を解説していきます、と言いたいところですが、

長くなってしまうので、以下の記事にて個別にまとめていますので、そちらからご覧ください。

【ローソク足】酒田五法とは?バイナリーオプションに有効か徹底解説

まとめ

今回は、ローソク足の使い方、及び、その種類や役割の解説をしました。

これを覚えているのといないのでは、雲泥の差。

つまりは理解できれば、継続的に利益を上げることも難しくありません。

また当サイトでは、他にもローソク足の応用、テクニカル分析などの使い方も、どこより詳しく解説していますので是非ご覧ください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

では、カナタでした。