【徹底解説】バイナリーオプションのモンテカルロ法とは?勝てるの?

スキルアップ
ギャル男A
モンテカルロ法ってなに?
ギャル男B
稼げるの?どうやって使うの?

こんにちは、カナタです。

今回はバイナリーオプションで取引しているとよく聞く、「モンテカルロ法」について解説していきます。

本記事の内容

  • モンテカルロ法について
  • モンテカルロ法を使うメリット・デメリット

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法とは

モンテカルロとは、バイナリーオプションの手法の1つで、

マーチンゲール法と、グッドマン法の間をとったような手法です。

モンテカルロ法とは

1.数列を作る

(1.2.3)

2.両端の数字の数を掛け金に設定する

1.2.3)の場合は(1+3=4000円)

3.2の掛け金で取引を行う

予想が外れた場合

数列に数字を追加し2に戻る(1.2.3.4

予想が当たった場合

両端の数字を消し2に戻る(1.2.3

4.数字がなくなるか、1つになるまで2と3を繰り返す

説明だけでは、分かりづらいと思いますので下記の表をみてください。

ペイアウト2倍で取引した場合
取引回数 数列 勝敗 掛け金 利益
1回目 1.2.3 負け 4000円 −4000円
2回目 1.2.3.4 勝ち 5000円 +1000円
3回目 2.3 負け 5000円 −4000円
4回目 2.3.4 負け 6000円 −10000円
5回目 2.3.4.5 勝ち 7000円 −3000円
6回目 3.4 勝ち 7000円 +4000円
7回目 0 +4000円

このように、3勝3敗の結果でも最終的には、+4000円の利益まで持ってくることができました。

モンテカルロ法を使うメリット

メリット

次に、モンテカルロ法を使うメリットを紹介していきます。

1.最終的に勝敗が引き分けでも利益が出る

上記で紹介した表のように、引き分けでも安定して利益を出せます。

これと同じことを、全て同じ掛け金でしていたらペイアウト2倍でも利益は出ていません。

負けが続いた場合でも損益が小さめ

モンテカルロ法でもし、10連敗したとしても損益は85000円です。

この数字を小さいと思うか、大きいと思うかは人それぞれですが、

似たような手法の、マーチンゲール法で10連敗した場合の損益は、

掛け金1000円からのスタートでも、1023000円です。

マーチンゲールと比べたら可愛いもんですよね・・・

モンテカルロ法を使うデメリット

デメリット

メリットを紹介したところで、次にデメリットの紹介をしていきます。

ペイアウトが低いと利益が極端に少なくなる

例えば、1.8倍のペイアウト率で、モンテカルロ法を使った場合、

予想がしやすくなる代わりに、利益が約2000円ほどまで少なくなります。

そのため、出来るだけ高倍率の取引を行った方が最終的には効率がいいです。

モンテカルロ法を使うに当たって重要なこと

重要なこと

1.心構え

上記で解説した通り、モンテカルロ法では勝率が最終的に引き分けでも利益を得ることができます。

そのことがわかっていたとしても、取引が長引き掛け金が多くなると心配になってくるのが人間です。

そのため、モンテカルロ法を使うには途中で放棄したりしない心構えが必要になります。

勝率を上げること

最終的には、全てこれなんですが「勝率」を上げる事です。

では、勝率を上げるにはどうしたらいいか、

正しい情報を身につけ、取引を通じ勉強あるのみです。

また、本記事ではバイナリーオプション初心者、中級者の方向けに、

記事を作っていますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

デモ取引で練習しよう

練習しよう

上記で書いたように、モンテカルロ法を使うに当たって重要なことは、

「心構え」と「勝率を上げること」です。

この2つのことを身につけるには、やはり取引を積極的にやっていくしかありません。

ですが、手法が確立していないまま取引をするのはお金がかかります。

そんな時に使うのが、「デモトレード」です。

デモトレードとは

無料でできる取引のこと

ですが、デモトレードと言ってもどこでできるかわからない人も多いと思います。

そこで、今回私が紹介したいのが「ハイローオーストラリア」のデモトレードです。

ハイローオーストラリアのデモトレードは、登録不要のうえ無料で使うことができますので、

気になる方は使ってみてはいかがでしょうか?

最後に

ハイローホームページ

今回は、バイナリーオプションの手法1つ「モンテカルロ法」について解説させていただきました。

この記事が、役に立ったのなら幸いです。

上記でも言いましたが、本記事ではバイナリーオプション初心者、中級者の方向けに、

記事を作っていますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。