バイナリーオプションのマーチンゲール法ってなに?使い方は?危険?【全て分かる】

スキルアップ
ギャル男A
マーチンゲール法ってなに?使い方が知りたい!
ギャル男B
マーチンゲールは危険じゃないの?
こんにちは、カナタです。今回はバイナリーオプションの手法の1つ、

巷では危険と言われる「マーチンゲール法」について、詳しく解説していきます。

頭に入れておくだけでも、役に立つ可能性は十分にある手法ですので、

ぜひ覚えていってください。

本記事の内容

  • マーチンゲール法とは
  • マーチンゲールの計算方法
  • マーチンゲールの使い方

マーチンゲール法とは

マーチンゲールとは

まずはじめに、マーチンゲール法についての解説です。

マーチンゲール法とは

例えば、最初に1000円で取引を行い予想が外れると、

次に、先ほどの倍2000円で取引を行い、また予想が外れると、

また、先ほどの倍4000円で取引を行い、これを予想が的中するまで続け、

掛け金を倍々にしていくことで、当選した時に全ての取引の掛け金を取り戻す手法、

これを、「マーチンゲール法」と呼びます。

上記に説明のように、一定回数の取引までに予想が当たれば、

確実に利益を生み出せる手法です。

ギャル男A
一定回数ってなに?いつまで?

そうなんです。マーチンゲール法は説明だけを見ると、必勝法のような聞こえ方をするかもしれません。

ですが、美味しい話には必ず裏があります・・・

マーチンゲール法が危険と言われる理由

マーチンゲール法が危険と言われる理由

冒頭でも言いましたが、マーチンゲールはバイナリーオプショントレーダーの中では、

危険な取引手法と言われています。

下の表を見てもらえればわかる通り、マーチンゲール法は一定回数を超えるとマイナス収支になってしまいます。

掛け金1000円でペイアウト率1.9でマーチンゲール法を使った場合
取引回数 掛け金 ペイアウト額 掛け金総額 予想的中時の利益
1回目 1000円 1900円 1000円 900円
2回目 2000円 3800円 3000円 800円
3回目 4000円 7600円 7000円 600円
4回目 8000円 15200円 15000円 200円
5回目 16000円 30400円 31000 −600円

このように、ペイアウト率1.9で取引した場合は取引回数5回目の時点で、収支は赤字になってしまいます。

マーチンゲールの計算方法

マーチンゲールの計算方法

マーチンゲールをする際の、予想的中時の利益は当然ですが、

掛け金やペイアウト率によって変わってきます、その度に予想的中時の利益の計算をするのは、

少しめんどくさいですよね、そんな時はマーチンゲールの計算をしてくれるサイトがありますので、

気になる方は使ってみてはいかがですか?

ペイアウト率2.0以上で取引すればいい?

時間

ペイアウト率2.0以下で取引する場合、一定回数を超えると赤字になると言いましたが、

ペイアウト率2.0を超えていると、何回取引しても収支がマイナスになることはありません。

ですが、ペイアウト率2.0を超える取引を選ぶ場合は短期取引しかありません。

短期取引になってしまうと勝率は下がってしまい、マーチンゲール一回あたりの取引回数も増えてきます。

これがどういうことかというと、掛け金が雪だるま方式に増えていく可能性が高いということです。

このような理由から、短期取引でマーチンゲールを行うのは控えたほうがいいでしょう。

マーチンゲール法は使うべき?

マーチンゲール法は使うべき?

マーチンゲールを使うと、掛け金が2倍、4倍、8倍、16倍、32倍、64倍と膨れ上がっていきます。

ペイアウトが1.9の場合、最初の掛け金が1000円だとしても、取引回数が10回まで伸びてしまうと、

掛け金は1024000円まで膨れ上がり、損失は101400円にも登ります。

ですが、掛け金が1000円でペイアウト率が1.9のままだと、どんなに多くても利益は900円です、

とても割りに合わないと思いませんか?

以上の理由から、マーチンゲール法は「使わないほうがいい」という結論です。

有効な使用方法は

有効な使用方法は?

上記で、マーチンゲールは使わないほうがいいという結論を出しましたが、

それでも使いたい場合は、制限を決めたほうがいいでしょう。

例えば、ペイアウト率1.9で1000円から取引を始める場合は、

上記の表のように、5回目の取引から収支がマイナスになりますので、

4回目の取引で予想が外れれば、潔く諦めるなどルールを決めてから取り組みましょう。

デモ取引で使ってみよう

デモ取引で使ってみよう

上記で書いたように、マーチンゲール法は失敗した場合のリスクがでかいので、

気軽に使うことはなかなかできないでしょう。

そんな時に使うのが、「デモトレード」です。

デモトレードとは

無料でできる取引のこと

ですが、デモトレードと言ってもどこでできるかわからない人も多いと思います。

そこで、今回私が紹介したいのが「ハイローオーストラリア」のデモトレードです。

ハイローオーストラリアのデモトレードは、登録不要のうえ無料で使うことができますので、

気になる方は使ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • マーチンゲールはリスクが高い
  • マーチンゲールは使わないほうがいい
  • 使う場合は制限を決めて使おう
  • デモ取引で使ってみよう

最後に

今回は、バイナリーオプションの手法の1つ「マーチンゲール」を紹介しました、

この記事が役に立ったのなら幸いです。

また、本記事では他にもバイナリー初心者がきになるような記事を書いていますので、

みていかれてはいかがでしょうか?

最後まで見ていただきありがとうございました。