【ハイローオーストラリア】メンテナンスが起こる原因と対処法

ハイローオーストラリア

この記事は3分で読めます

こんにちは、カナタです。

ギャル男A
ハイローオーストラリアで告知なしのメンテナンスが始まったけどいつ終わるの?
日本撤退の噂が流れている時に、このメンテナンスはもしかして・・・

今回は、上記のような疑問に答えていきます。

本記事でわかること
  • メンテナンスはいつ終わるのか
  • メンテナンスが起こる原因と対処法
  • ハイローオーストラリア日本撤退の噂の真意とは

ハイローオーストラリアのメンテナンスはいつ終わるのか

ハイローオーストラリアのメンテナンスはいつ終わるのか

メンテナンスには、「通常メンテナンス」「緊急メンテナンス」の二つの種類が存在しており、それぞれ開始時間も終了時間も異なります。

以下にて、それぞれの開始・終了時間を見ていきましょう。

通常メンテナンスの開始・終了時間

通常メンテナンスとは、その名の通り ”通常の” メンテナンスのことを指しており、事前からメンテナンスの実施をトレーダーに告知しています。

通常メンテナンスの開始・終了時間

通常メンテナンスの場合は、上記の画像にも記載されているように、

平日 AM6:00 ~ AM6:45、土曜日 AM6:00 ~ 月曜日 AM6:45

の時間内に実施され、多くは営業時間外に実施されることが多いため、トレーダーの方は特に気にする必要はないメンテナンスになっています。

緊急メンテナンスの開始・終了時間

こちらは通常メンテナンスとは少し異なり、その名の通り ”緊急に” 起こるメンテナンスになっています。

緊急メンテナンスの場合、事前に告知されないこともありますが、マイページのお知らせページにて告知していることもありますので定期的に確認するようにしましょう。

また緊急メンテナンスは、開始・終了時間が定まっていませんので不定期に緊急メンテナンスが起こることを頭に入れておきましょう。

ハイローオーストラリアのメンテナンスが起こる原因と対処法

ハイローオーストラリアのメンテナンスが起こる原因と対処法

ハイローオーストラリアのメンテナンスが起こる原因は2つあります。

メンテナンスが起こる原因
  • 機能改善やシステム強化のメンテナンス
  • トラブル改善のメンテナンス

では、順を追ってみていきましょう。

機能改善やシステム強化のメンテナンス

始めに「機能改善やシステム強化」が原因のメンテナンスです。

このメンテナンスの場合は、急ぐ必要性のないメンテナンスが多い為、

営業時間外に実施されることが多いため、知らないうちにメンテナンスが実施されることも多いです。

トラブル改善のメンテナンス

次に「トラブル改善」が原因になっているメンテナンスです。

トラブル改善が原因の場合は、トラブルが発見され次第、順次に緊急メンテナンスが始まることも多いため、

営業時間中にハイローオーストラリアがメンテナンスを開始していたら、「トラブル改善をしているんだな」くらいの気持ちで終了まで気長に待ちましょう。

ハイローオーストラリアのメンテナンスが起こった場合の対処法

メンテナンスはハイローオーストラリアの機能改善などを行うものになりますので、

当然、取引や入出金などの機能全てはメンテナンス終了まで利用することが不可能になります。

そのため対象法なるものは存在せず、メンテナンス終了まで気長に待つしかありません。

ハイローオーストラリア日本撤退の噂の真意とは

ハイローオーストラリア日本撤退の噂の真意とは

本記事を僕が書こうと思った1番の理由は「ハイローオーストラリア日本撤退の噂」が原因です。

その名の通り、ハイローオーストラリアが日本での運営をやめてしまうかもしれないという噂ですが、この噂は全面的に無視で大丈夫です。

この噂は緊急メンテナンスが行われる度に恒例のように流れている ”タダの噂” です、そんな事実はありませんし、もしそんなことがあっても事前に告知がされているはずです。

まとめ

ハイロートップ画面

今回は、メンテナンスについてご紹介をさせていただきました。

通常メンテナンスの開始・終了時間
  • 原因:機能改善やシステム強化
  • 時間:平日 AM6:00 ~ AM6:45、土曜日 AM6:00 ~ 月曜日 AM6:45
緊急メンテナンスの開始・終了時間
  • 原因:トラブル改善
  • 時間:不定期

上記でも記述しましたが、緊急メンテナンスは不定期行われるため時期を把握したい方は、マイページのお知らせページを定期的に確認するようにしましょう。

また当サイトExt-Binaryでは、他にも有益な情報をたくさん公開していますので、是非目を通してみてください。

では、カナタでした。