バイナリーオプション一目均衡表の「雲」を利用した3つの攻略法

スキルアップ

こんにちは、リョウです。

いきなりですが皆さんは、他のサイトなどでバイナリ-オプションの攻略法を調べている時に、“一目均衡表”という言葉を見たことがあると思います。

なんだか難しそうな感じがしますよね。

ですが安心してくださいこの記事を読んでもらえれば、簡単に理解することが出来ます。

そこで今回は、

一目均衡表とは何か?

一目均衡表の雲とは何?

一目均衡表を使用した攻略法

について詳しく説明していきます。

一目均衡表とは

一目均衡表とは

一目均衡表とは、昭和時代に細田吾一氏によって作成された、株式市場を分析するためのテクニカル分析です。

一目均衡表は、日本だけにとどまらず海外でも幅広く使用されています。

一目均衡表は5本の線で成り立っています。

転換線(青い線) 過去9日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの
基準線(紫の線) 過去26日間の最高値と最安値を足して2で割ったもの
先行スパン1(オレンジの線) 基準線と転換線の数値を足して2で割ったものを26日先に描写する
先行スパン2(緑の線) 過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったものを26日先に描写する
遅行スパン(赤の線) 終値を26日前に描写する

一目均衡表をおすすめする理由

一目均衡表をおすすめする理由

バイナリーオプション初心者の方は、ここまでの説明が難しく感じているかもしれません。

ですが、バイナリ-オプション初心者こそ一目均衡表を利用すべきなのです。

理由としては、一目均衡表は多くのバイナリーオプショントレーダーが使用している為エントリーポイントの信用性が高いという事です。

そのような理由から、バイナリオプション初心者の方は一目均衡表を使用することをおすすめします。

一目均衡表を設定する方法

一目均衡表を設定する方法

一目均衡表を設定するには、まずMT4をダウンロードする必要があります。

MT4とは?

メタトレードの略。
ロシアのMetaQuotes社が開発した無料ツールです。
世界中のプロ投資家も利用する高性能の無料チャートツール

MT4について詳しく知りたい方やダウンロード方法について詳しく知りたい方は、下記をクリック!

MT4を使用してハイローオーストラリアを攻略する方法

MT4口座開設から無料ダウンロードまで最短で行う方法

では実際にMT4で一目均衡表を設定する方法について解説していきます。

MT4の左上

まずMT4の画面左上に注目していただき、

「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」

の手順で選択して進んでください。

パラメータ入力

選択が終了すると、パラメーター入力を行わなければなりません。

ですがここは全て初期設定で構いません。

色の設定

次に色の設定をする必要があります。

基本的には、自分の見やすい色で構いませんが

  • 転換線:色なし
  • 基準線:色なし
  • 遅行スパン:色なし
  • 先行スパン1:ピンク系の色
  • 先行スパン2:青系の色

にすることをおすすめします。

この手順が終了すれば、一目均衡表の設定は終了です。

一目均衡表の基本的な使い方

一目均衡表の基本的な使い方

一目均衡表を基本的な使い方について、紹介します。

バイナリーオプションを行う上で、「転換線」「基準線」「遅行スパン」は使用しませんが、一緒に覚えた方が理解が深まると思うので紹介します。

一目均衡表の雲について

一目均衡表の雲について

一目均衡表の代表的な使い方として、雲が有名です。

雲とは

先行スパン1と先行スパン2の間の事

ローソク足が突き抜けたとき、上に突き抜ければ強い買い、下に突き抜ければ強い売りと判断することが出来ます。

しかし相場レンジの場合、雲の突き抜けが多く発生する可能性があるため、必ず強い買い・強い売りになるわけではないことを覚えておいてください。

一目均衡表の基準線について

一目均衡表の基準線について

基準線の動きは、期間が長ければ長いほど緩やかになる傾向にあります。

つまり基準線に注目すると全体のトレンドを理解することが出来ます。

例えば、一時的に相場が上昇したとしても基準線の向きが下向きだった場合、その上昇トレンドは一時的なものだと判断することが出来ます。

一目均衡表の遅行スパンについて

一目均衡表の遅行スパンについて

遅行スパンとは先ほども紹介したように、現在の値を26日前に戻したものです。

26日前に取引を行った人の利益などを知ることが出来ます。

このように一目均衡表は、一見難しそうに見えますが投資を行う上で、とても便利な機能が詰まっています。

一目均衡表の雲を利用した攻略法

一目均衡表の雲を利用した攻略法

ここまでの説明で、一目均衡表について理解してもらえたと思います。

では次は実際に、バイナリーオプションの取引で使用できる攻略法について紹介します。

今回紹介する攻略法は、下記のようになっています。

この3点に点について解説していきます。

相場と雲の位置で分析

相場と雲の位置を見れば、そのトレンドが上昇トレンドか下降トレンドか判断することが出来ます。

上昇トレンド

上記の画像では、相場が一目均衡表の雲より上にいるため上昇トレンドだと判断することが出来ます。

下降トレンド

逆にこの画像では、相場が一目均衡表の雲より下にいるため下降トレンドだと判断することが出来ます。

雲が横ばい 雲が下降

この2枚の画像を見てください。

どちらも下降トレンドですよね。

ですが、雲の形に注目してください。

上の画像は雲が横ばいになっていて、下の画像では雲が下向きになっていますね。

雲が横ばいになっている時の注意点としては、相場に方向性がないため何度も雲を突き抜けて進んで行く傾向があるため気を付けてください。

雲の厚さで分析

雲の厚さで分析

一目均衡表の雲には薄い部分と厚い部分が存在します。

一目均衡表の雲が厚い雲場合、ローソク足が反発して雲を突き抜けにくい傾向にあります。

逆に一目均衡表の雲が薄い場合、上記の画像のようにローソク足が突き抜けやすくなっています。

また一目均衡表の雲が薄い場合、上から下、下から上ように動きが変わってしまう可能性があるため注意が必要です。

一目均衡表の雲が薄い場合は、エントリーをしないなどとルールを決めることをおすすめします。

雲の突き抜けで継続トレンドを分析

雲の突き抜けで継続トレンドを分析

先ほど一目均衡表の雲が厚い時は、ローソク足が反発して雲を突き抜けにくいと紹介しました。

ですがそれでも突き抜いてくる場合もあります。

それが上記の画像のような場合です。

一目均衡表の雲が厚い時に、ローソク足が突き抜けてきた場合突き抜けた方向に勢いが付く傾向があります。

つまり厚い雲を突き抜けたポイントが、トレンドのスタート地点となるのです。

ここまでで紹介した3つのポイントを覚えておけば、バイナリ-オプションで一目均衡表を利用して取引を行っても安心だといえます。

まとめ

ハイローオーストラリア公式デモ口座開設

ここまでの内容で、一目均衡表についてや一目均衡表の雲について理解できたと思います。

今回の記事で覚えておいてほしいことは、下記の3点です。

  • 稼いでいるトレーダーは一目均衡表を使用している
  • 一目均衡表の雲について理解すればトレンドを予測することが出来る
  • 一目均衡表の雲が薄い場合は取引を行わない方がよい

一目均衡表を利用して、バイナリ-オプションでの勝率をアップさせましょう。

今回の記事を読んでくださった方で、ハイローオーストラリアを使用していない人は下記をクリック!!