バイナリーオプションのハイローとは?稼げる秘訣を解説

ベーシック

この記事は5分で読めます

こんにちは、カナタです。

ギャル男A
ハイローについて知りたい人「バイナリーオプションについて調べていたら、頻繁に”ハイロー”っていう言葉を目にするけどなんなの?詳しく教えて欲しい!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事で分かること
  • ハイローとは
  • バイナリーオプションの稼げる秘訣

ハイローとは?

ハイローとは?

バイナリーオプションとグーグル検索すると、上から5番目に検索結果に出てくる単語「ハイロー」、実はハイローという単語は二つの意味を持っています。

一つずつ見ていきましょう。

1.バイナリーオプションの別名

まず一つ目の意味は、バイナリーオプションのことを「ハイロー」と呼ぶことです。

バイナリーオプションをあまり知らない方に向けて解説すると、バイナリーオプションの取引方法は為替相場が現在のレートから「High」か「Low」どちらに今後動くか、二択を予想して取引を行います。

この取引方法からHighLowを取り、そのままハイローと別名で呼ぶようになったわけです。

2.ハイローオーストラリアの略称

ハイローオーストラリア 公式サイト画像

二つ目の意味は、バイナリーオプションの海外業者の中でもトップランクの利用者を誇る「ハイローオーストラリア」の略称という意味です。

これも単純ですね、ハイローオーストラリアを略し「ハイロー」と呼ぶようになっただけで、特になんの意味もありません(笑)

ハイローオーストラリアについては以下の記事にて、詳しく解説していますので興味がある方はご覧ください。

【会社概要】ハイローオーストラリアは安全?人気が高い3つの理由

【結論】ハイローに特に意味はない

繰り返しますが、「ハイロー」という単語自体に意味なんてありませんし、検索結果を見てもバイナリーオプションについて解説している記事やハイローオーストラリアについて解説している記事しか出てきません。

ではなぜ、ハイローが検索結果上位にあるのか、それはハイローオーストラリアについて調べる方が多いからと予想できます。

前述したとおり、ハイローオーストラリアは海外の中でもトップクラスの利用者を誇っており、ハイローオーストラリアについて調べる方も多いです、そのため「ハイロー」が検索結果上位にまで食い込んでいるということです。

バイナリーオプションの稼げる秘訣とは

バイナリーオプションの稼げる秘訣とは

では、ハイローという単語に特に意味がないことが分かったところで、バイナリーオプションの稼げる秘訣をご紹介していきます。

バイナリーオプションの稼げる秘訣は以下のようになっています。

  • 二者一択の比較的簡単な取引方法
  • 良い取引業者、良いツールが多数ある

順を追ってみていきましょう。

二者一択の比較的簡単な取引方法

先ほども前述した通り、バイナリーオプションは為替相場が「High」「Low」のどちらに動くか予想して取引をします。

その性質上、どんなに適当にエントリーしても勝率は(取引方法によるけど)”50%”になり、他の投資と比べると著しくリスクが小さくなっています。

実際には、50%の勝率では資金が減るだけで増えることはありませんが、逆に言えば、勝率が上がれば上がるほど資金も比例して多くなりますので、稼ぐための目標がもっとも明確になっている投資と言えます。

良い取引業者、良いツールが多数ある

では、勝率を上げるためにはどうしたらいいのか、まず良い取引業者を使うこと。

取引業者は、それぞれ取引方法やペイアウト率などが異なり、ペイアウト率などの条件が良いものを選ぶことが長く続けれることにも直結します。

下記にて、オススメの取引業者を紹介していますので興味があればご覧ください。

【バイナリーオプション】国内業者と海外業者の違いとオススメの業者

次に良いツールについて、ツールとは相場分析ツールのことで、勝率を上げるためには欠かせない大事なものになります。

無料、有料含め数多くの相場分析ツールが存在していますが、オススメは無料ツールのMT4です。

MT4は無料で使える上に数十万種のインジゲーターが使え、インジゲーターを自作することも可能になっています。

MT4を使用してハイローオーストラリアを攻略する方法

まとめ

ハイローオーストラリア 口座開設画像

今回は、バイナリーオプションのハイローの解説と稼げる秘訣をご紹介しました。

今回のおさらいは以下の通り。

本記事のおさらい
  • ハイローはバイナリーオプションの別名、またはハイローオーストラリアの略称
  • バイナリーオプションは比較的簡単な投資で稼ぎやすい

最後まで見ていただきありがとうございました。

では、カナタでした。