【ハイローオーストラリア】遠隔操作って本当にあるの?【結論】

未分類

この記事は5分で読めます

こんにちは、カナタです。

突然ですが、あなたはバイナリーオプションの人気No.1業者「ハイローオーストラリア」の相場の遠隔操作の疑惑が出ていることを知っていますか?

普段、ハイローオーストラリアで取引を行っている方には、聞き捨てならない話ですよね。

そこで今回は ”遠隔操作は本当に存在するのか” に重点をおき、話を進めていきます。

遠隔操作は本当に存在するのか

enkaku

結論から言いますが、遠隔操作をしている可能性は、

ほぼないでしょう

なぜ ”ほぼ” という表記の仕方かというと、現実的にはできないことではないからです。

では、なぜほぼないと言えるか、ハイローオーストラリア側には遠隔操作をするメリットがあまりないからです。

遠隔をするメリット・デメリット

merit
取引業者が遠隔操作をするメリット
  • 業者が好きなようにチャートを操作できる

はい、広くいうとこれだけです。

遠隔するデメリット
  • 信用を失う

デメリットも広くいうとこれだけです。

この2つだけ見たら、メリットの方が多く見えますが、

実は、デメリットの方が圧倒的にでかいんです。

ハイローオーストラリアにとっての信用

sinyou

これは、ハイローオーストラリアだけに言えることではなく、全ての取引会社にも言えることですが、

遠隔やその他でもユーザーの信用を一瞬で失ってしまうことがあるとすれば利益は激減してしまいます。

例えば、過去に遠隔の事実があった取引会社があるとしても、僕なら「絶対に」使いません。

なぜなら、信用できないからです。

そういうことです、例えチャートを操作でき業者の思い通りにできても、

それがバレてしまった時は、その業者は再起不能になります、そんなリスクわざわざ負いません。

チャートのズレは?

zure

遠隔について、口コミを見ているとチャートのズレを指摘する声がたくさん上がっていました。

チャートのズレはツール毎に異なり、ハイローオーストラリアでは「FXCM」のチャートを使用していますが、

「FXCM」とは異なるチャートデータを使用しているMT4を使用していると当然、ズレが生じる事となり、

同じハイローオーストラリアのチャートを見ていたとしてもチャート収集先が2箇所存在するので、ハイローオーストラリアのチャートでもわずかなズレが生じることがあります

そのため、ハイローオーストラリアで取引するなら、同じチャートデータを使用している ”XM MT4” を使用することを推奨します。

MT4口座開設から無料ダウンロードまで最短で行う方法

遠隔の噂はどこから生まれたか

uwasa

では、なぜそのような噂ができてしまっているのかについてですが、

バイナリーオプションなどの為替取引全般、もっと広く言えば、

お金が絡んでくるものにはどうしてもこのような噂がついてくるのです。

なぜ絡んでくるのか、理由は簡単です「利益を上げれない人」がいるからです。

利益を上げれない人の一部

riekiagerenai

利益を上げれない人の中でもほんの一部ですが、

利益が上がらない→業者が悪い

利益が上がらない→絶対遠隔してる

などと、全く見当違いのところに当たる人が存在しています。

そのような人が、ネットで書き込んだりしている限りこの噂は消えることはありません。

業者が必然的に儲かるようにできている

moukaru

そもそも、バイナリーオプション自体が業者が儲かるようにできています。

バイナリーオプションの取引は事実上50%の確率の取引、1番利用者の多いHIGHLOW取引のペイアウト率は1.85倍です。

そうです、適当に取引していれば掛け金の0.15倍を毎回失っていることになります。

このことに気づかず、ギャンブルだと思い適当に賭けていると必然的に負けます。

【初心者必見】ハイローオーストラリアで勝率を上げる3つの攻略法

デモ取引を使ってみよう

ハイローオーストラリアのメイン取引とデモ取引のチャートの動き方は一緒です。

デモ取引をすることで、チャート動き方の勉強にもなりますのでぜひ一度やってみてはいかがですか?

まとめ

ハイローオーストラリア トップページ
ハイローオーストラリア 遠隔疑惑まとめ
  • ハイローオーストラリアでの遠隔の可能性はほぼない
  • 利益が出せてない人が流したデマ
  • 今まで、遠隔が発覚した事例はない

ということで、ハイローオーストラリアが遠隔操作している可能性は、限りなくゼロに近い、という結果になりましたので、ご安心して取引して大丈夫ですよ。

当サイトExt-Binaryでは、他にも有益な情報を公開していますので、是非ご覧ください。

それでは、カナタでした。