【バイナリーオプション】バックテストの知識がなくても分かる簡単な取得方法【必見】

アドバンス
ギャル男A
バックテストを取りたいけどやり方がわからない・・・
ギャル男B
バックテストはどんなものなの?必要なの?

こんにちは、カナタです。

今回はバックテストを身につけ利益を上げる方法を紹介していきます。

実は、バイナリーオプションで生計を立てるようなトレーダーは、

バックテストを殆どの方がとっています。

断言できます。バイナリーオプションで利益を上げる取引を身につけるためには、

バックテストの取得は必須です。

バックテストとは

バックテストとは

まずはじめに、バックテストとはなに?という話から始めましょう。

バックテストとは

バックテストはその名の通り、過去の勝率を計算するものです。

例えばサインツールなどを使う場合、そのサインが次のローソク足で反転する確率はどのくらいあるかなどを調べます。

100回中60回反転していたら勝率は60パーセントです。

そのように勝率が数字として見えるようになることがバックテストになります。

このように、投資で稼ぐには避けては通れないものです。

バックテスト結果

上記の画像のように、勝率を割り出し、口座資金をグラフしたものの確認ができます。

ギャル男A
んー、難しくてよくわからない!!

大丈夫です、この記事を読み進めればしっかり理解できます。

バックテストの取得方法

バックテストの取得方法

ギャル男B
バックテストの大事さはなんとなくわかったけど、どうやって取るの?

はい、バックテストの取得方法は2つあります。

その2つが、、、

外注するか

バックテスト講義を受け、自分で取るか

の2つになります。

2つの取得方法の金額(例)

代行サービスに外注する場合・・・1ノウハウ 2〜8万円

バックテスト講義を受ける場合・・・10〜20万円

また、独学で取得する方法もございますが、

プログラミングができるという方以外オススメできません。

そこで、私がいつもオススメしている取得方法ですが、

「講義を受け自分で取る方法」をオススメしています。

理由ですが、実は外注ですと詐欺紛いの行為が多いんです。

価格を3万円〜という書き方をしている代行サービスに、

1つのノウハウあたり8万円請求されることも実際にあります。

ですので、少し高めですが講義を受けることをオススメします。(何度も外注するよりも結果的には安いから

バックテストを取るメリット

バックテストを取るメリット

それでは、さっそく優良なバックテスト講義を見分ける方法を紹介します、、、

と、いきたいところですが、みなさんにもっとバックテストを知ってもらうために、

バックテストを取るメリット・デメリットを紹介したいと思います。

自分の取引に自信を持てる

自分の取引に自信を持てる

まず1つ目ですが、長い検証期間で良い勝率結果が出た場合、

自分の取引ノウハウに自信がつき、それはネット上のどんな必勝法より、

信頼できる手法になります。(自分でバックテストをとれば信用できるのは当たり前)

検証期間とは
過去何年間の相場で検証したか表す単位。

精神面が楽になる

精神面が楽になる

バイナリーオプションで長くトレードしていると、

度々くる連敗の波、その度に不安を感じますよね、

「自分の取引手法は間違っているのか」

「本当にこれでいいのか」

その悩みが、取引手法をブレさせ、更なる連敗を呼ぶ、、、

悪循環ですね、、

ですがバックテストを取ることで、結果としてあなたの手法のデータが残ることになります。

そのことで、精神面が楽になりたとえ連敗しても取り乱すことはほとんどなくなるでしょう。

取引効率が大幅に上がる

取引効率が上がる

バックテスト結果の取得方法が理解できるということは、

サインツールの作成方法も一緒に理解できるでしょう。

ということは、あなたの手法をサインツール化して使うこともできます。

そのことで、四六時中チャートに張り付かずとも、取引ができるようになります。

バックテストを取るデメリット

バックテストを取るデメリット

次に、バックテストを取ることのデメリットを紹介していきます。

多少の初期投資が必要

多少の初期投資が必要

上記で紹介した、バックテストの取得方法2つは、

やはり、どちらも多少の初期投資が必要です。

2つの取得方法の金額(例)

代行サービスに外注する場合・・・1ノウハウ 2〜8万円

バックテスト講義を受ける場合・・・10〜20万円

ですが、この初期費用を有意義と思えるか、無意味と思うか、

そこ次第で、初期投資の金額はメリットにもなり得ます。

自分自身の手法に自信が持てなくなる

自分自身の手法に自信が持てなくなる

例えば、自分自身の手法のバックテストを取りそれが思うような結果ではなかった時、

自分自身の手法に自信がなくなるのは当たり前ですよね、

ですが、それをチャンスと思うかピンチと思うかでその先は変わってきます。

簡単なことです、バックテストから導かれた結果を参考に、

自身の手法に改良を加え、自信が持てる手法に変えていけばいいだけです。

優良なバックテスト講義を見分ける方法

優良なバックテスト講義を見分ける方法

ここまでで、バックテストを取得することの重要さは伝わったと思います。

そこで、みなさんお待ちかねの優良なバックテスト講義の見分け方を紹介していきます。

バックテストの口コミ

バックテストの口コミ

ほとんどの講義の口コミは、実は出回っていないんです、

ですが、根気よく探せば意外と見つかるもんです。

各講義の口コミ
講義 A 講義 B 講義 C
価格 60000円 100000円 200000万円
講義数(講義時間) 12講義(160分) 20講義(500分) 10講義(120分)
推奨ユーザー層 初心者向け 超初心者向け 中級者向け

上記の表は、私が見つけた講義の口コミ3件をまとめたものです。

このように、価格、講義数、講義時間、ユーザー層、それぞれバラバラですよね。

一概に決めつけれることではないですが、

このような講義が3件あった場合、「講義 B」を選んでください。

見るところは簡単ですが、講義数(講義時間)です。

もちろん長いければ言い訳ではありませんが、バックテストの講義は、

プログラミングもできない初心者に120分や160分で完全に伝わるものではありません。

ですので、このように極端に講義時間が短い講義は避けるようにしてください。

まとめ

  1. バックテストの取得は必須
  2. バックテスト講義を選ぼう
  3. 講義を選ぶ際は口コミを調べ慎重に選ぼう

最後に

ハイロートップページ

今回は、バックテストを身につける方法を紹介しました。

この記事が、みなさんの役に立ったのなら幸いです。

また本記事では、他にもバイナリーオプションの役に立つ知識を、

配信していますので気になる方はのぞいてみてください。

最後まで見ていただきありがとうございました。